窓が変われば暮らしが変わる

窓があるから暮らしていける

窓が変われば暮らしが変わる 私たちのお部屋に当たり前にある窓ですが、窓って何のためにあるんでしょうね。色々理由や目的があると思います。

日中は外の光を取り入れたり、部屋の中の空気を入れ替えるための換気だったり。それから、リビングに大きな窓がついていると開放感があってお部屋が広く見えますし、様変わりする外の風景を窓を通して見ることで、「ああ、春がきたな」とか「もう冬か」なんて季節を感じることもできますよね。
雨が降っていたら、窓からあらかじめ確認しておくことで、傘を用意して出かけることもできます。

もし、窓のない部屋で暮らしたらだったらどうでしょう。光も新鮮な空気も外の情報もなにも得られません。きっと気分が参ってしまうことでしょう。
ああ、窓があって本当に良かったですね。

窓の弱点

しかし、一歩間違えると窓がお家の中のネックポイントになってしまうこともあります。
みなさん知っての通り、多くの窓を形成しているのはアルミなどのサッシとガラスです。ガラスは透明で採光性が高いことから、陽の光を取り込むという目的にはピッタリの素材と言えますが、反対に、衝撃に弱く、地震や台風などの自然災害などが起こってしまった場合、家を形成する壁や柱などと言った、他の部分よりも脆弱なものですから、真っ先に被害に合う可能性があります

また、窓ガラスは空き巣や泥棒などの悪意持った人間によるターゲットにされることが多く、その理由もやはり他よりも入りやすいという脆弱性です。

みんなのガラス屋さん TOPへ

強い窓をつくろう!

だからといって「仕方ない」と諦めるしかないかと言ったらそんなことはありません。窓は、私たちのちょっとした工夫で、弱点をカバーすることができるのです。

例えば、一般のガラスよりも丈夫で、万が一割ってしまった時も破片がバラバラに飛び散らない、「安全ガラス」という種類のガラスもあります。
また、防犯機能を高める方法としては、ガラスを割れにくい防犯ガラスに交換したり、窓のサッシに補助錠をつけたり、場合によっては面格子をつけることも効果的です。

寝室やリビングの窓に補助錠をつけるならサッシの上の方に、トイレやお風呂の窓に面格子を取り付ける際はドライバー1本で簡単に外されてしまわないように、ネジ頭を隠したりする必要場あるので、注意しましょう。
その他にも遮音性だったり断熱性だったり、あなたの生活スタイルの必要性に合わせて、窓をカスタムすることで、より、快適な暮らしを送ることができます

お役に立てましたか?お役立ち情報をシェアしてくださいね♩