必見!窓を変えるだけで電気代が安くなる方法

窓と電気代の意外な関係

必見!窓を変えるだけで電気代が安くなる方法 私たちの暮らしに欠かせない窓ですが、実は、家計と密接した「電気代」にも大きな影響を与えるものなんです。もしかしたら、窓を変えるだけで電気代をはじめとする光熱費を抑えることができるかもしれないのです。一体それはどうしてでしょうか。

なぜ、窓を変えると光熱費が下がるのか

光が入る、換気ができる、部屋にいながら外の情報が見れるなど、良いことたくさんの窓ですが、実は弱点もあります。特に、冬の時期などはお部屋の温度を上げようと、エアコンやストーブを使ってせっせとお部屋を温めるわけですが、その空気はどんどん窓から外に逃げていってしまうのです。
1度温まったお部屋で暖房を停めると、次第に温度が下がっていくのは、熱が窓から外へ逃げてしまうからなんです。
もちろん、窓からだけ逃げていくわけではありませんが、大部分が窓からといっても決して大げさではないのです。

つまり、窓から熱が外へ逃げないような工夫をする事によって、部屋の暖をとるための電気代を必要最小限に留めることができるというわけなんです。そのポイントになるのが「断熱」です。

温かい空気はなぜ、窓を選んで出ていくのか

住宅メーカーさんがお家やお部屋を作る際、寒い冬でも私たちが快適に暮らせるようにいろんな知恵を使ってくれています。

例えば、壁などはただ、木や鉄の板を張っているだけではなく、中に断熱材などが入っていて熱を通しにくくするような工夫が施してあります。
これによって雨風を防ぐだけでなく、お部屋の温度が下がりにくくなっているのです。でも、その中でどうしてもネックになってしまうのが「窓」なんです。
なぜなら、窓はガラスでできていますし、その枠であるサッシもアルミ製のものが多く、どちらも熱を通しやすいという性質を持っているからです。
ですから、程よく温まったお部屋の中でも、窓の近くに行くとひんやりしますよね。これが、お部屋の熱が窓を選んででていく理由です。

窓の結露は熱が「逃げてますよ」のサイン

外が寒い日にお部屋を暖気すると、窓に水滴がついて「結露」することがありますよね。実はこれが、中の温かい空気が窓を通して、外に出ていくときの一番わかりやすい現象なんです。まずは、結露がどのようにして起こるのかご紹介しましょう。

温度が高い、つまり部屋が温かい時ほど、空気の中にある水蒸気の量は多くなります。ここから温度が下がることによって、空気中にいられなくなった水蒸気が水分として放出されることになるわけですが、部屋の中が温かくて外の気温が低い日は、窓の近くだけ他の場所よりもより空気が冷たくなるのが早いため、水蒸気が水滴になって窓につく。これが結露が起こる仕組みです。
外と中の温度差が大きいほど結露は起こりやすく、反対に室内外の温度があまり変わらない時には結露は起こりません。

みんなのガラス屋さん TOPへ

窓の断熱対策で電気代を節約しましょう

では、実際に窓を断熱する方法はあるのでしょうか。
もちろん、あります。早速ご紹介しましょう。

窓ガラスを断熱するにはまず、ガラス自体を断熱タイプのものに交換するという方法があります。
いわゆる「断熱ガラス」にも様々な種類や方法があって、1つのサッシに2枚のガラスをつけたり、お部屋側の窓の内側に、もう一枚窓ガラスをつける「二重窓」などが主流です。窓ガラスを2枚つけることによって、中の熱を通しにくくし、反対に外の冷めたい空気をカットすることができます。
これによって窓の結露もほとんど起こらなくなるので一石二鳥です。

また、熱を逃がしやすいアルミの代わりに樹脂を使ったサッシや、魔法瓶のように2枚のガラスとガラスの間で真空状態を作り出す高性能な窓ガラスも登場しています。

とはいっても、賃貸にお住まいの場合などには、自分の判断だけで窓ガラスを交換できない場合もあります。
そんな時はガラス交換以外で中の空気が逃げるのを遮断する方法を考えましょう。例えばカーテンを断熱性の高いものに変えたり、断熱シートや断熱フィルム、もしくは窓断熱ボードでを貼るだけでも十分な効果を得られるでしょう。

お役に立てましたか?お役立ち情報をシェアしてくださいね♩