立派な鍵ですね。…でも、その窓のガラス薄くないですか?

窓を守りたい

立派な鍵ですね。…でも、その窓のガラス薄くないですか? 徐々にではありますが、皆さんの防犯の意識は向上している傾向にあり、「ワンドア・ツーロック」という言葉も随分と浸透してきたように思えます。
そのなかで、窓の脆弱性と侵入の危険性についても周知されてきていると言っていいでしょう。
クレセント錠にシリンダーが内蔵されていてロックが掛かるタイプのものを設置したり、補助錠をサッシの上部に取り付けるなどして、窓の施錠を工夫している方も増えてきています。

しかし、いくら鍵を強化しても、それだけで窓を守れるかとい言われたら、難しいのが現実でしょう。泥棒の窓からの侵入を防ぐためには、もっと視野を広くして対策を練る必要があるのです。

窓の防犯は複合的に考えましょう

もし、私が泥棒だったとしたら「最も簡単に侵入できる方法」を考えて選ぶでしょう。
ですから、解錠が難しそうな鍵が付いていた場合、鍵をあけて突破するという選択肢は消えます。しかしそれは、侵入を諦めるということではありません。窓から侵入する時は、必ず鍵を開けなければいけないというお行儀の良いルールはないからです。

そもそも、泥棒にしてみれば、複雑な構造の鍵を時間をかけて頑張って開けるより、できるなら窓を割った方が、はるかに時間が短縮できるわけですから、ガラス破りが「いけるな」と判断されたら、容赦なくガラスを割られて侵入されてしまうでしょう。
これは逆もしかりで、要人を過激派から守るような防弾ガラスに簡易的な鍵では、宝の持ち腐れなのです。

このように、鍵だけが防犯性に特化していたり、窓だけが頑丈だったりと、どちらか一つだけが秀でた性能を持っていても、それは窓の防犯として不十分なのです。
ガラスと鍵、その他にも窓からの侵入を防ぐための対策はあります。1度泥棒の気持ちになって、「どんな窓だったら諦めるかな」という視点で、複合的な対策をとることが大切です。

みんなのガラス屋さん TOPへ

強化ガラスでは防犯にはならない

前途をわきまえた上でなら、もちろん、窓ガラスを強化することは、防犯対策として非常に効果的です。しかし、ガラスの本来の性能に間違った認識を持っていたり、過信してしまえば望まない結果になってしまうかもしれません。

その中で意外に多い勘違いが、窓ガラスを強化ガラスにすることによって防犯性が高まるという考えです。
強化ガラスは同じ厚みの一般のフロートガラスに比べて、3倍程度の耐負圧強度があると言われていますが、バールなど、先の尖った道具で衝撃を与えるといとも簡単に割れてしまいます。普通のガラスとの大きな違いは、割れた破片が粒上になるという点ですから、強化ガラスの目的は防犯ではなく、どちらかと言うと割れてしまった時の「安全」です。

割られても”貫通”しにくいガラスは泥棒が嫌がる

ですから、もし交換するのであれば「防犯ガラス」もしくは「防犯フィルム」がオススメです。防犯ガラスも、強い衝撃を与えれば割れてしまいますが、強化ガラスと違い、表面が割れても中の膜が貫通を防ぐため、割ってから侵入するのに時間がかかります
このようにガラスは「割れない」ことよりも「貫通しない」ほうが防犯性が高いと言えるのです。そもそも、防弾ガラスのような耐衝撃性に特化したガラスは一般的家庭には取り付けられませんし、そこまでしなくても、窓を守る方法はいろいろあるということを知っていただければ幸いです。

お役に立てましたか?お役立ち情報をシェアしてくださいね♩