隣人の目を気にせず部屋でくつろぐ窓ガラスの目隠し方法

隣人の目を気にせず部屋でくつろぐ窓ガラスの目隠し方法 自分の家の中が、外や隣の家から丸見え。
「プライバシーが……!」などといつも気になって落ち着かない。
なんだか必要以上に神経質になってしまったり……。

トイレやお風呂の窓が曇りガラスというケースは多いと思います。
でも場合によっては、リビングや部屋の窓ガラスが外からよく見えてしまってることもあるのではないでしょうか。

「中から外は見えるけど、外からは中は見えにくい」 そんな窓ガラスがあればいいのに……
と思っている人、、、あるんです! そんな機能を持ったガラスが。

その他にも、角度によって見えなくなったり、特殊フィルムの色で見えにくくしたり、ガラスの間にブラインドがあったり。

窓ガラスはそのままに、特殊なフィルムやおしゃれなシールなどを貼って「楽しく」目隠しする方法もあり。
もし「丸見えな窓」に悩んでいたら、ぜひ参考にしてみてください。

目隠し機能を持つガラスで、光は入れて視線はカット

窓ガラスの目隠し=カーテンやシャッターを取り付ける。
まずはそんな「外付け」対策を考える人が多いはず。

でも窓ガラス自体に視線を遮る効果があれば、太陽の明るい光を取り込みながら、外からの視線を気にせずに過ごすことができます
ここではそんな優れた機能を持ったガラスをご紹介します。

Low-Eの色付き

断熱・遮熱効果の高いLow-eガラス。色付きのものは視線を遮る効果もあり。外のガラス表面は鏡のように景色を映し、家の中はほぼ見えない。夜は効果がなくなる。ブルーやブロンズの効果が高い。

カラーラミセーフ

2枚の板ガラスの間に特殊なフィルムを挟んだガラス。フィルムを乳白色やブラウンに着色してあるため、はっきりと見えなくなっている。

ブラインドグラス

角度によって見え方が変わる。フロート板ガラスの両面に、ストライプ状のフロスト加工をしたもの。真正面からは見えず、斜めから見ると透けて見える。

ブラインド入複層ガラス

2枚のガラスの間にブラインドを挿入。ブラインドの角度を自由に調節して、光や視線をコントロールできる。折れたり汚れる心配もなく、掃除の手間もない。

フィルムやステッカーを貼って楽しくお洒落に目隠し

今ある窓ガラスを交換するのは費用も手間もかかってちょっと難しい。
そんな時は、ガラスフィルムやシャッター(ルーバー)などを窓に取り付ければOK。

曇りで見えにくくする「すりガラス」タイプのフィルムや、アートっぽい模様の入ったフィルム。
そして窓をお洒落に飾る「ガラスに貼るステッカー」まで。
外付けで視線をカットするアイテムをご紹介します。

すりガラスタイプのフィルム

ガラスが割れても破片が飛び散りにくいし、紫外線もカットして虫も寄りにくくなるフィルム。もちろん断熱・遮熱効果もあるので、一石三鳥くらいのメリットが期待できる。

デザインタイプのフィルム

部屋の雰囲気を変えることができる。もの足りない空間の窓に貼ると、明るくて華やかな印象が生まれる。せっかくならお洒落にしたい、という人にオススメ。

ファブリックステッカー

スイスのメーカーの、ガラスに貼るステッカー。ペタっと窓に貼るだけで、素敵な雰囲気&部分的な目隠しに。シリコンコーティングなので、何度も剥がして貼れる。

多機能ルーバー

目隠しはもちろん、日よけ、採光、通風も調整できる。ルーバーの角度によって風や光の通りを自由にコントロールできます。プライバシーをきっちり確保!

どうせなら楽しく! 自分好みにアレンジして解決しよう

一軒家でも、マンションやアパートでも、
いろんな条件で目隠しを必要としている人は多いと思います。

毎日の生活とプライバシーの問題だから、ストレスもある……。
でも神経が立ってイライラ・モヤモヤするのはいやですね。

せっかく目隠しするなら、この際自分の好きなやり方で。
シンプルにしっかりとやるのもいいし、
インテリアや部屋の飾りの一部としておしゃれ感覚で楽しむのもいい。

「楽しんだ者勝ち!」な気分で自分好みにアレンジして、
新しい快適な生活を手に入れましょう♪

お役に立てましたか?お役立ち情報をシェアしてくださいね♩