突然アパートの窓ガラスが割れた!…のに修理代の支払い義務ってあるの?

突然アパートの窓ガラスが割れた!…のに修理代の支払い義務ってあるの? アパートの修理・修繕って結構デリケートな問題ですよね。
お風呂の換気扇が回らなくなったり、給湯器が壊れたり・・・

そんな時に、「これって直すのに私が費用を負担しなくちゃいけないの?」と不安になることってあると思います。

それほど使用頻度がなければそのまましばらく様子を見るのも良いかもしれませんが、ただちに修理・交換しなければ日常生活に支障をきたしてしまうような設備は、いつまでもほうっておくわけにもいきません。
でも、修理や交換にかかる費用のことを考えると、不動産会社に連絡するのも慎重になってしまう方も多いことでしょう。

その中でも今回は、賃貸住宅の「窓ガラス」の修理費は誰が負担するのかというテーマにスポットを当ててお話していきたいと思います。

勝手にガラスが割れることってあるの?

そもそも、衝撃を与えたり傷がない状態の窓ガラスが、ある日突然割れるということはありえるのでしょうか。結論から言うとありえるんです。
窓ガラスに使用しているようなガラスが自然に割れるケースとしては大きく分けて二つの現象が考えられます。

・熱割れ

ひとつは「熱割れ」といわれる現象で、室内外の温度差によってガラスにヒビなどが入ってしまう場合。

これは、グラスに熱湯を入れると割れてしまうのと同じ原理が働いているわけですが、ガラスというものは大なり小なり“厚み”がありますよね。
その外側と内側で急激な温度差が生じると、熱い方の表面が熱によって伸びるのに対し、冷たい方の面は変わらないという現象が起き、その変化の差によってガラスに負荷がかかり割れてしまうというわけです。
ですから、厚みのあるガラスほど、温度差が大きくなって割れやすいということになります。

また、耐熱ガラスのように熱が伝わるのが早いものは割れにくいですが、そうでないものについては意外にこのようなケースでガラスが自然に割れてしまうことが多いのです。

・錆割れ

そしてもう一つは「錆割れ」という現象です。
表面に網目状の黒い線が入ったガラスを見たことはありませんか?これは網入りガラスと呼ばれる防火対策のためのガラスですが、ガラスの中に金網が入っていて、万が一割れた時に普通のガラスのようにバラバラに散らばらないようにするという目的があります。

このタイプのガラスでは、中に鉄線が入っているため、経年劣化などによってこれが錆びてしまうことがあります。
錆びてしまった鉄線はガラスの中で膨張し、それに耐えられなくなったガラスが割れるという現象が錆割れなんです。

みんなのガラス屋さん TOPへ

不可抗力で割れたことをアピールしよう

このようなケースで突然窓ガラスが割れた場合、基本的に入居者側に責任はありません。
その他の設備の経年劣化と同じような位置づけで考えることができるため、管理者側で修理・修繕を行う義務が発生するといって良いでしょう。
大抵の不動産会社の場合、例えば網入りガラスを導入していた場合などは、経年劣化によってこのような現象が起こることを予め知っているということも多く、こちらに不備がないことをしっかりと説明すれば、修理費を負担してくれるところがほとんどです。

しかし、ヒビの入り方によっては交換や修理を見送られるケースもあるようです。
例えばガラスを二分割するほどの大きなヒビが入っている場合には即交換してもらえるでしょうけれど、端のほうが少しだけかけているような状態だと、経過をみて検討するという判断をされてしまうこともあるでしょう。

また、今回のお話は、いずれにしてもこちらに非がないというケースに限られますので、誤って自分で割ってしまった場合には費用を自分で負担しなければならないこともあります。

ガラスの修理にかかる費用は誰にとっても痛い出費ですが、窓が割れたままにしておくと更なるトラブルを引き起こす可能性もあります。
小さなヒビから大きな問題に発展する前に、窓ガラスの不具合を見つけたらすぐに大家さんに報告しましょう。
そして、ガラス交換は専門業者へ

お役に立てましたか?お役立ち情報をシェアしてくださいね♩