びしょ濡れの窓はもう嫌だ!窓ガラスの結露対策

びしょ濡れの窓はもう嫌だ!窓ガラスの結露対策 冬や梅雨の朝、目覚めると窓とサッシにに結露がびっしり……。
カーテンに付くと汚れるし、放っておくとカビが出てくるし、困ったものです。

とは言え毎朝結露を拭き取るのもメンドクサイ。
暖房を使わないなんて無理だし……。
いったいどうしたらこのやっかいものを退治できるのか?

そんな悩みとおさらばすべく、結露をやっつける方法を紹介します。
手軽にできる換気のやり方から、さまざまな対策・防止グッズまで

じつはいろんなやり方で、結露に立ち向かうことができるんです!
さあ、これを読んであなたもぜひ結露を退治してください。

室内と外の温度差が原因
人の息や体温で湿度が上がってもできる

簡単に言うと、結露は「室温と窓面(外の気温)の温度差」が原因

暖房で暖められた湿った空気=水蒸気が、冷たい窓ガラスに触れて冷えると結露が起こる=水滴になる。
つまり、温度が下がことで空気中の水蒸気が水になるというわけだ。
(冷えた飲み物をグラスに注ぐとグラスに水滴が付くのと同じ現象)

人の寝息や体温でも温度は上がるので、寝室では結露が起こりやすい

この結露、何も対策をしないとけっこう大変なことになるかも……!

結露はカビを発生させて身体と家に悪影響が!

結露が起こるとどうなるのか?
窓やカーテンがぐっしょり濡れて、布団やクローゼット・押入れもジメジメ……。
そしてその結果! 悪い影響がたくさんあるんです……。

そんな悪い結露をやっつけるために……!

換気が第一!貼るだけでOKな便利グッズも

空気の流れと湿度を調節して結露を予防

結露対策でまずやるべきは、換気。
窓を開ける自然換気はもちろん、暖房器具の上手な使い方や、換気扇も大事です。

換気扇を回し続ける

空気の通りがよくない場所に湿気もたまります。
部屋には換気扇のない人が多いと思いますが、お風呂やトイレの換気扇を回しつづけるのも良い対策なのです!

お風呂とトイレの2つの換気扇を1ヶ月回しつづけると電気料金は?
約350~500円強/月(10w~15wでの計算)

意外! 扇風機を回すのも効果アリ
天井に向けて、高いところにある暖かい空気を部屋全体に行き渡らせると空気が循環して湿気がたまりません。

窓を開けて自然換気

部屋の窓を開けて、部屋の中の温度を下げましょう。
料理や食事の時は水蒸気が多く発生するので換気を。
(キッチンの換気扇でも可)
寝ている間の呼吸や体温で室内の湿度は上がります。
寝る前にも一度換気をすると良いでしょう。
(正直寝る前は寒いから難しいかもしれませんが……)

エアコンで除湿するor除湿機の活用

暖房を使うときに注意したいのが、石油ストーブや石油ファンヒーターなどの燃料を燃やす暖房器具はダメだということ。
これらは燃焼する時に水蒸気を出すので逆効果!
窓を開けて換気するのが寒くてキツイときは、室内の湿度を下げることで対策をしましょう。

貼るだけ、置くだけ、ラクな結露対策グッズ

換気は寒くていや、換気したけど結露はできる……。
それならば! 窓ガラスに直接何らかの対策をしましょう。
貼るだけでOKなもの、置くだけでOKなものなど、気軽でラクにできるグッズもあります。

結露防止シート

窓ガラスに直接水で貼るタイプが多い。ガラス表面の温度が下がるのを抑えて、結露を予防。一度貼ってしまえば、放っておけばいい。暖房の効率もアップする。

樹脂

結露を拭き取るための形で素早く水滴を集める。下から上に動かして、拭き取った水の量がわかるように透明なボトルが付いているものもある。毎朝の習慣にできればいい。

新聞紙

窓ガラスに貼り付けて結露を吸いとります。その後ガラスを拭くとピカピカに。寝る前にサッシの下の部分に挟んで立てかけておくと、流れ落ちてくる水滴を吸収してくれる!

結露テープ

インテリアの装飾としても効果のある吸水テープ。窓の下部に貼ると可愛い感じに。洗えるものは再利用できる。ひどい結露にはちょっと効果が薄いかも?

結露防止の基本は「室内の温度と湿度を適度に保つ」こと

いろんなグッズもありますが、やはり基本は換気と温度調整
そこをきちんとすれば結露を防げるはず。

また、料理したりお湯を沸かすキッチンやお風呂場は水蒸気が多く発生するので、なるべく換気扇を回し続けるようにしましょう。

結露は身体にも家具にもよくない影響を及ぼします。

余分な水分と湿気を発生させない暮らしで、結露を防いで気持ち良く過ごしましょう!

お役に立てましたか?お役立ち情報をシェアしてくださいね♩