車のフロントガラスってなぜ割れても散らばらないの?

車のフロントガラスってなぜ割れても散らばらないの? 現在製造されている自動車のフロントガラスには「合わせガラス」という特殊なガラスを装備することが法律で義務付けられています。
フロントガラスは、二枚のガラスの間にさらに特殊な素材を入れることによってより強い衝撃にも耐えられるような仕様になっています。

しかし、リアなどのドアのガラスに使われているのは、合わせガラスではなく、強化ガラスのケースがほとんどです。こちらは衝撃を加えると比較的簡単に割れていまします。同じ自動車でも場所によって装備されているガラスが違うのは、決して自動車の原価を下げて売上から利益をたくさん出すためだけではなく、ちゃんとした理由があるのです。
今回は自動車の窓ガラスについて考えていきたいと思います。

合わせガラスの防御力

一昔前の自動車のフロントガラスには強化ガラスが使われていました。刑事ものの映画などで、犯人とカーチェイスの最中、銃撃戦にまで発展して銃弾がフロントガラスに当たると、一瞬にして真っ白になってガラスが粉々に砕けるというシーンがありますが、あれは強化ガラスが割れる時に起こる現象です。
映画の中では迫力があって絵になるかもしれませんが、実際のケースを考えると、これでは万が一の事故の時に人体を守るのに不十分だということで、装備が義務付けられたのが合わせガラスです。

ですから、もし、合わせガラスが装備されたフロントガラスに銃弾を受けても、あのようにガラスが粉々になることはありません。
合わせガラスは一言でいうと衝撃を受けてガラスが割れても「貫通しにくい」という特徴があります。もちろん、強い衝撃を与えれば、表面が割れてヒビが入りますが、破片がバラバラになるほど砕け散ることがないのです。

これによって、万が一の事故の際、運転手や同乗者がフロントガラスを突き破って外に飛び出してしまうことを防げます。また、そこまでの衝撃でなくても、割れたガラスが飛び散ることによって人体を傷つけてしまうといった危険を回避することもできるのです。
これによって事故によるドライバーの人的被害は随分と軽減されることになりました。合わせガラスは非常に防御力の高いガラスなのです。

みんなのガラス屋さん TOPへ

ドアガラスが”割れちゃう”ワケ

しかし、自動車においてガラスが「割れない」という事が、あらゆる場面において「正」とは限りません。

その一つが、水没などによる車内への閉じ込めです。
万が一、自動車が水没して、ドアまで水が浸透してしまった場合、水圧によって中からドアを開けるのが困難になります。そんな時に車内から脱出するには、窓ガラスを中から割って出るしか方法がありませんが、前途したとおり、合わせガラスを使用したフロントガラスは人力で割ることはほぼ不可能です。
でも、事故からドライバーを守るには、フロントガラスに簡単に割られてしまってはこまります。そこで白羽の矢が立ったのがドアガラスというわけです。

ですから、あまり想像したくはありませんが、もし水没によって車の中に閉じ込められてしまったら、フロントガラスではなく横のドアガラスを壊すんだ!とおぼええておいて下さい。

お役に立てましたか?お役立ち情報をシェアしてくださいね♩