「明るい」と「涼しい」を両立させて、省エネにもなる窓の設置方法

「明るい」と「涼しい」を両立させて、省エネにもなる窓の設置方法 窓には、採光通風人の出入り防犯断熱近隣の視線景色を楽しむためなど、役割と目的がたくさんあります。
その効果は、どんな窓をどう設置するかによって大きく変わります

たとえば周りに家が密集している地域なら、プライバシーを守りつつ採光もできて空気の流れもよくなる「高窓」を設置する。

窓の種類や適切な設置方法を知ることで、自然の光や風を最大限に活用した家作りをすることができます。その結果照明やエアコンを使う時間が減れば、省エネにもつながります

ここではリフォームや建て替えで窓をあらためて選ぶ人のために、効果的な窓の設置と、気持ちの良い家作りに役立つ情報をお届けします。

明るい自然光、プライバシー、暑い夏に通る涼しい風……
希望を叶える窓を選んで設置しよう

これから新しく窓を設置するにあたって、目的に応じて選べるように、大きくカテゴリーを分けて紹介します。

家の間取りや周囲の環境と合わせて考えて、ぜひ最良の窓を設置してください。

明るい空間と涼しい部屋を作る窓

トップライト(天窓)

上からの光で、空間に広がりと開放感が生まれる。空気の流れ道ができて換気効果も高く、夏も涼しく過ごせる。
固定式(フィックス)と開閉式(手動か電動)がある。

メリット

デメリット

設置場所:
家の北や東面など、暗くなりがちなところの天井
南は夏が大変なので避けたほうが良い

高窓

目の高さより上の窓。採光しやすく、外からの視線も入りにくいのでプライバシーも守られて、空間に開放感が増す。掃除がしにくいのが難点。換気にも有効で夏も涼しい。

メリット

デメリット

設置場所:寝室やリビングなど

地窓

床に近い足元の窓。和風の部屋に多い。自然換気や柔らかい光を得るために使われる。開閉する場合は面格子をつけたり、人が出入りできない大きさにするなど注意も必要。

メリット

デメリット

設置場所:おもに和室

プライバシー重視で採光する

プライバシーを守りながら窓をつけたい場合もありますよね。
そんな時は、小さかったり細長かったりする形状の窓を選ぶことができます。

小窓

外からの視線を遮って採光と換気ができる。いくつか並べて採光したり、カーテンやシェードで飾ったり、インテリアや外観のアクセントとしても活用できる。

スリット窓

細長いスペースにはめ込んだ窓。玄関や階段スペースなどに多い。道路に面した壁面に複数設けるケースも。プライバシーを守って採光できる。

家の表情を豊かにする

プライバシーを守りながら窓をつけたい場合もありますよね。
そんな時は、小さかったり細長かったりする形状の窓を選ぶことができます。

コーナー窓

部屋のコーナー部分の窓。採光できて、空間に広がりが生まれる。方角や取り付ける場所によって、大きさをアレンジできるので、家の表情を豊かにできる。

出窓

外壁から外に突き出た窓。西洋の建築に多く、空間に奥行きを広がりをもたせることができる。飾り棚としても活用すれば、窓辺をお洒落に演出できる。

光、風、景色……目的に応じて窓の形や機能を選ぼう

採光通風や換気外の景色をよく見るため。
目的によって窓のスタイルもさまざまです。

庭に面した家のメインの窓は「掃き出し窓」
隣の家と近いような密集地帯では「高窓」や「天窓」
インテリアやデザインで遊びたいときは「小窓」や「出窓」

などなど、より良い住まいのために窓選びはとっても大切です。

家の明るさや風の通りを考えた窓の設置は、省エネにもなります。
住みやすい家作りのために、窓の種類について考えてみましょう

お役に立てましたか?お役立ち情報をシェアしてくださいね♩