窓枠のカビを除去する方法。自分で掃除する時のコツ

あれ?なんか窓枠に黒いモノが、まさか...!
見つけると気分も落ち込むカビ。
窓ガラスの結露によって生まれるカビは空気を汚し、放っておくと身体にも悪い影響があるやっかいもの。

用中性洗剤を吹き付 ガラスとサッシの接続部分であるゴムパッキン部分には、黒いカビが大量に発生したり。
考えるだけでもイヤですね。

頑固でなかなか取れにくいカビを、プロの清掃業者に頼まなくてもドラッグストアで入手できるもので効果的に消す方法を紹介します。

汚れを落として菌を殺す

カビそうじで大切なポイントは、

1.汚れを落とす
2.菌を殺す

の2段階でやること。

両方をやらないと効果が半減します。

カビは湿気や水分が大好きだから、ただの水拭きではむしろカビが元気になってしまうかもしれません。また「お酢」にも殺菌効果があるのですが、カビの栄養源にもなるという説もあります。ここでは洗剤とエタノールを使った掃除方法を紹介します。

カビ掃除をはじめる前の準備と注意事項

  • カビや洗剤は空気中を飛ぶので、マスクを着ける
  • 洗剤で手が荒れるので、ゴム手袋を着ける
  • カビや洗剤から眼を守るため、メガネやゴーグルを着ける
ゴーグルやメガネはない人もいるかもしれませんが、カビや洗剤が身体の中に入らないよう十分に注意して掃除しましょう。

洗剤をつけて、濡れた雑巾で汚れを落とす

住宅用中性洗剤を吹き付けて(台所・食器用洗剤を薄めた液でも可)


5分ほどおき、


濡れ雑巾でよく拭き取ります。

それでも落ちない頑固なカビには...

1.水に濡らして軽くしぼったキッチンペーパーを窓ガラスに貼り(下に流れ落ちるのを防ぐ)


2.その上からカビキラーなどのカビ取り剤をスプレー


3.15分ほど置いて、濡れ雑巾または新しいキッチンペーパーで拭き取ります

エタノールを吹き付けてカビを殺菌

濡れ雑巾で拭いて乾いたら、エタノールを吹き付けて殺菌します。
消毒用に効果が高いのは、80%の「消毒用エタノール」です。
無水エタノールは「8」対「水2」の割合で薄めればOKです。


エタノールを扱うときの注意

  • 火のそばでは使用しない
  • 換気をする
  • フローリングのワックスや塗装面を白く変色させることがあるから、まず目立たないところで試してみる
  • 塩素系漂白剤と一緒には使わない(危険なガスが発生します)


強力な専用カビキラー

上記の方法を試してもカビが取り除けなかった場合は、専用のアイテム「ゴムパッキン用カビキラー」を使いましょう。
カビキラーを使う時はゴム手袋をした方が良いです。肌が弱い人は特に注意してください。


汚れやホコリを取り除き、「ゴムパッキン用カビキラー」を塗ります。


この際、カビキラーの液が垂れないように、キッチンペーパーを水で濡らして貼り付けておくとよいでしょう。


15~30分後、しっかりと水拭きします。


日数が経過して年季の入った頑固なカビの場合、下の画像のように一回の掃除では綺麗に落ちません。


ですが、2回3回と続けると、どんどんとカビが溶けていきます。

2回目

だいぶ綺麗になってきました。キッチンペーパーの茶色くなっている部分は溶けて染みだしたカビです。

3回目


そして4回目

今回は4度カビキラーを塗ることで、このようにカビを綺麗に除去することができました。
ちなみにビフォーがこちらです。違いは一目瞭然ですね。


ゴムパッキン用カビキラーを使うときの注意

  • 使うときは換気する
  • 成分が強いため、ゴム手袋やマスクで身体を保護しましょう
  • 使用後は、手と顔を洗いましょう
  • 他の洗剤と混ぜないように(危険なガスが発生します)

カビは水分が大好物、換気や消毒で予防しよう

カビができてしまったら、「うわあ〜」と気分が落ち込みますよね。
でも落ち込んだそのすぐあとに!至急掃除をしましょう。

窓周りはカビが大量発生しやすい場所。
放っておくと空気の汚れ、身体の不調など悪い影響が広がります。

窓を開けて風を通し空気を入れ替えたり、結露をふき取ったり、月に1度はエタノールのスプレーを吹きかけておいたり。
窓ガラスの湿気を低くして、定期的に殺菌・消毒をしてキレイにしておけばカビは予防できます。

日頃からカビの予防を意識することは難しいですが、簡単なことなので、気がついたときにでも予防・対策をしておきましょう。
お役に立てましたか?お役立ち情報をシェアしてくださいね♩